色は光、そして闇

色って何ですか?

 

色は光です。

 

光にプリズムを当てると七色の虹が出てきます。

それは、光が分散されて生まれた色です。

 

逆に言うと、虹の色が収束すると透明な光になります。

 

何故、雨上がりの空に虹が出るのか?

 

それは、空気中に残った水分がプリズムの役割をするからです。

 

色の見え方の仕組みも光に関係しています。

色を感じる空間には、見える色以外にたくさんの色が同居しています。

 

いつも虹色がそばにある、、、素敵ですね😃

 

 

「えー‼色を混ぜたら汚れたよ⁉」

 

そんな経験ありませんか?

ペインティングの世界では、光ではなく【黒】になります。

 

色とは少し話がそれますが、

私たちの世界は光と闇、陰と陽のように相反するものが同居しています。

この二つはお互いにバランスを保ちながら一緒にいます。

 

写真の曼荼羅は【光と影(闇)】を同居させて描いています。

闇があるから、光が生まれます。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です