曼荼羅色の質問箱

ご覧くださりありがとうございます(^^)

新しい物事を思いついたので、少しずつ作っています。

パステル曼荼羅アートはカラーセラピー的要素が強い絵です。
色を入れる順番でセラピーとして色読みするパターンがあります。
それに気が付いて作ったのが色言葉紬です。

今回思ったのが、その色言葉から質問を作ったら?ということ

例えば、ピンクの曼荼羅には依存というメッセージもあります。
この色彩言語から考えられる質問は

「これをしないとダメという何かがありますか?」

「それをしないとどんな気持ちになりますか?」

こんな感じで各色の色彩言語に合わせて質問を作って
曼荼羅の色を選んで、質問に答える
というワークををしたらどうかなと思っています。

コーチングと言われているものですね。

色を選ぶ⇒そこから1枚選ぶ⇒質問に答える(考える)

 

色ごとに曼荼羅を描いて、
さらに質問を何個か考えないといけないから
出来上がりまで時間がかかりそうですが、、、

ちょっと悩んだとき、セラピーで言う「気づき」だけでなく
はっきり自分の中でそれを言葉にして目標や行動を考え設定する。
そんなことが出来たら楽しいかなと思います。

 

色言葉紡ぎとセットで使ってもらってもいいし、
他のセラピーや占いなどの補佐としても使てほしい

それだけで終わらず

子供でも楽しめるようなものを作りたいです。
ちょっと元気がないね~というお子さんの言葉を出すきっかけ

実は、何かあっても、言葉に出せないこともあるんです。

その言葉に出せないは、言わないのではなくて、
言葉を作ることが出来ない、もやもやしてわからないんですね。

みんながみんな思ったことを喋れるとは限らないんですよ。

私はきちんと心理学やコーチングを勉強したわけではありませんが
子育てでいろいろと経験しています。
この色の質問箱を参考に、お母さまがカードを作ってもいいし
お子さんが描いた絵の色に対して質問をしてもいい。

そんな遊び感覚で楽しめる自由度の高いものを
作りたいと思っています。

 

いつ完成するかわかりませんが、ここで告知します(^^)

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です