古事記の話を神聖幾何学で考える(1)

ご覧くださりありがとうございます。

おととし、古事記の話を聞きに行く機会がありました。

1回目はほお~と

2回目、3回目になると「あれ?」

 

「これって神聖幾何学と同じ」とふと感じたんです。

 

あれ?よくわからない、覚えられないなぁ~ということも神聖幾何学の図形に置き換えて考えるとストンと腑に落ちるという面白い経験をしました。(根っからの神聖幾何学図形好き何ですね)

 

「古事記と神聖幾何学」カテゴリーでは天孫降臨まで主要な神様を神聖幾何学に当てはめて、話していこうと思います。

 

次回はツリーオブライフを使い、神様のことをお伝えいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です