どちらにも傾かないバランスのとれた美しい形

ご覧くださりありがとうございます。

先日描き方をお伝えしながら一緒に描いた
神聖幾何学模様アート基礎のフルーツ・オブ・ライフです。

満月が近かったのでそのイメージで色を入れていきました。
中心の黄色は光の柱です。

以前フルーツオブライフの項目でこう説明しました。

フラワー・オブ・ライフの未完成な円を完成させると13個の球体が現れます。
フルーツ・オブ・ライフ(生命の果実)と言われ、神聖幾何学で最も神聖なる図形と言われています。

13個の球体は、女性エネルギーを表しています。その上に男性エネルギーを表す直線を描いていきます。この直線にはプラトン立体が入っています。

このパターンは情報提供のシステムであり、存在するすべての物が創りだされているとか、、、全ての創造の源ですね。

 

男性性と女性性のエネルギーが同居しているこの絵は
バランスがとても整っている図形ともいえると思います。

私たちが想像しやすいのですと陰陽の図かな
下のヴェシカパイシスの真ん中にある図です。

これは色を付けていないのでわかりにくいかもしれませんが

陽の中に陰があり、陰の中にも陽があります。
つまり、陽があってもその中に陰は存在しるということで、、、

どちらに傾きすぎるとバランスが崩れる。

だから、できる限りニュートラルな状態でいるのが大切

 

私は神聖幾何学を習ってでこのニュートラルでいる大切さを
知りました。エネルギーは絶えずプラスとマイナスで存在していて
プラスの思いが強すぎると、エネルギーが反転した時
マイナスがやってくるかもしれないということ、、、

偏りすぎる考えってよくないんだと思います。

 

あくまでも私の解釈の一つですが、フルーツオブライフはもしかしてそのことも教えているかもしれませんね。だから、フラワーオブライフの秘密として隠されていたのも納得です。
支配者層からしたら、自分だけを信じてついてこい!!ですからね
一般の民衆、支配される側は知らなくてもいいことですよね、、、(くどいようですがあくまでも私の解釈です)

 

それはそうと、、、
昨日ビックリする記事を見ました。私自身は彼女のカードは絵柄が怖くて持っていません。なぜ、カードが人気があるのかも理解できませんでした。

動画も見ました。

私は、日本人ですし、神様はたくさんいると思っている。そう思って育ってきたので、破壊や侵略の歴史のあるこの教え(教え自体は素晴らしいのかもしれませんが、、、)は受け入れがたいです。ある意味一神教の弊害というか、、、他の考えはダメという決めつけというか、、、極端すぎますよね(^^;)

困惑している方も多いかもしれませんが、何だか幸せそうに見えたので良いんじゃない?とも思いました。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です