花を描く、ミラージュ*花

ご覧くださりありがとうございます(^^)

先日Zoomでお伝えしました。

まずは牡丹の花で型紙の説明

 

そして、蓮の花で型紙を実際に作って描きます。

こちらは描き方を説明しながら一緒に描いたものです。

 

次はフリー

いくつかの下絵を用意していますが今回は
最初に説明した牡丹の花を一緒に描きました。

牡丹の花は幾重にも花びらが重なっていて
少し難しいかもしれませんね。

この絵で大切なのは、まずは構造を理解する
そして少し少し形を出して仕上げていくことです。

ですのでただ型紙をうつして描くだけでは
理解できたとは言えないです。
形を理解してそれを形にする練習が必要となります。

ミラージュ*花はその練習をするワークショップです。

 

これが出来るようになれば、人物などもこの描法で描けます。

 

 

※ミラージュパステルアートの内容を見直します。

ただミラーにする、色の表現を習っただけでは
自由には描けないです(真似では描けるかもしれませんが)
ですので、花をメインとしてたくさん練習する
そんなワークショップに変更いたします。

バラと蝶、そして花の型紙と「花」をメインに
お伝えしようと思っています。

今後はミラージュの認定ワークショップは
花まで終わっている方しか開催できないようにします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です