絵にエネルギーやメッセージはあるのか?

まあ、私に言わせると

エネルギーは入るかもしれませんが、メッセージは無理じゃね?と言いたい。
実際、描きあがった絵に温度があるというのは良くあるので、、、

絵や図形は「今ここに存在している」それ以上でもなくそれ以下でもないと思うんです。

それにたいして、絵からメッセージが来る、降りてくると言うのは
絵があること(観る)で感じた感情が、鏡のように自分に跳ね返ってきただけなんだと思います。

つまり、その絵をエネルギーアートにするのは、観た人、受け手の感じ方です。
(ひとつ前の記事を参照下さい。)

実際にSNSにアップされるほかの方の描いた絵の中で、
「すごく好き」とか「エネルギーを感じる」などとコメントが入っている絵も
私にとっては、なんだか落ち着かない好きじゃない、もやもやする、
むしろ気持ち悪くて見たくないということもあります。(失礼言ってすいません)

つまり、観る人の好みや感覚・それを描いた方とのかかわりがだいぶ影響するわけです。

仮に大天使とか龍神とかのメッセージやエネルギーが本当に絵に籠った絵としたら
見た人全員の心をつかんで何かしらのメッセージやエネルギーを感じるはずなので
ブログアクセスは上がるしFacebookなどのSNSでシェアされまくりのはずです。

私は、基本的に絵に「題名」をつけません。

つけることで、絵を観た方が感じる何かを縛るかもしれないからです。

この絵は○○のイメージで描いた、○○な願いを込めて描いたは良いと思いますが
○○のエネルギーがありますとか、○○のメッセージが云々と言うと
それを感じない方にそう思うように強要する結果になりかねません。

前出のスピリチュアルについて載せている

自分に都合のいい思考を俗にいう「降りてきた」と称している。

と言うことになりかれません。

もし、その絵が本当にスピリチュアルで言うようなエネルギーが入っているのなら
観た方は、「何か」感じるはずですので細かい解説は不要ですよ。

「降りてくる」と言う言葉はどうなんでしょうね?

「どうしたら、そんなに思い付くのですか?」とよく聞かれます。

そして、「降りてくるのですか?」と聞かれることもあります、
「上と繋がっていますね」と言われることがあります。

私の答えはいつも「適当に思いついた」と言っています。

私は、突然思い付いたり、頭の中にぼんやりと見えてきた物を描いたりしています。
それは私にとっては特別な事ではない「日常」の出来事なんです。

日常に感じていたらそれは特別なことでもなく
まして「降りてきた」などと特別なことでもないです。

そして、絵はそこにあるものなんです。
それに感情は必要ないです。
つまり、それに感情やメッセージを感じるのは
自分自身の思考が反映しているだけです。

ただ、稀に本当にメッセージを受け取れる方もいらっしゃると思います。
そういう方のメッセージは、やはり絵を媒体として受け取ったものであり
その絵自体が発しているわけではないと思います。

偽スピが横行している昨今、「私凄いでしょう」「教えてあげるのよ~」的な
宣教師や教祖になりたいのかなと思うようなメッセージは
ほとんどの場合は自分に都合のいい思考を俗にいう「降りてきた」と称している。と思います。

そうぞ皆様そういう方たちの発言に傾倒しないで
自分自身の感じた感覚を素直に受け取る等になさってくださいね。