曼荼羅アートの効果と自分軸

曼荼羅アートを描き続けて私自身感じたこと
皆様から教えていただいた事などをお伝えしますね。

○自分をしっかり持てるようになった。
○あまり腹が立たなくなった。
○今まで依存していたものが必要なくなった。

他にも

絵が描けるようになって嬉しい、自信に繋がった。
一人になれる時間が凄く嬉しくて癒される等々

曼荼羅アートは中心から模様を広げていきます。
れー夢の描き方は外側の模様も「中心」を意識して型を置いて描きます。

中心を意識する

これが大切な事だと思います。

中心を意識することで、気がつかないうちに「自分軸」が整う訳です。

自分軸が整う=自分をしっかり持てるようになる

そうなることで、自分と他者を切り離せることができ
ちょっとした事で腹が立たなくなる訳です。

自分の基準に人を当てはめるから腹が立つんだと思います。

タバコやギャンブル等の依存がなくなった。

つまりそれらに依存することで自己を保っていたわけで、
自分軸が整ったことで必要が無くなったと私は考えます。

曼荼羅アートは中心の点から始まります。
この点はまだ未確定で仮のものです。
この点を意識して形を広げます。

形を描く、広がって始めて「中心」が確定します。

曼荼羅アートは模様が先で、中心は後です。
ドーナツの穴はドーナツがあって始めて認識出来るのと同じです。

曼荼羅アートは中心ありきではありません。

中心に合わせた形があることで、始めて「中心」が生まれます。

中心がきちんと決まるのもブレるのもあなた次第です。

※今まで述べていた「中心」は、仮の中心の場合も含んでいます。
※真ん中に曼荼羅を描く場合、仮の中心=画用紙の中心であり、曼荼羅の中心ではないということです