好きな形、気分じゃない形、

曼荼羅アートは色だけではなく、形も重要な要素です。

好きな形はありますか?

写真は最近描いた曼荼羅アートです。
中心よりの模様が可愛いらしくてお気に入りです。

私は「尖った角」が怖いです。
鳥のくちばし、恐怖です。

小学生の頃、ヒッチコックの鳥を深夜番組でしかも一人で見たからかも知れません。

兎に角、怖いです‼

私の描く曼荼羅はあまり「尖った角」がありません。
見ていて「怖い」「痛くなる」からです。

でも、時々凄く「角」を使いたくなります。

最初の1つ目はきになりませんが、3つ、4つ、、、8個描き進むと

その角(特に鋭角の場合)が痛くなります。

そうすると、今度は柔らかいカーブ線を被せます。

形に関する心理学的なことは知りませんが
この一連の作業は何かしらの作用を私自身にもたらしているのがわかります。

あなたは、好きな形はありますか?

でも、好きな形もいつも好きなわけではなく時として
「気分じゃない」ときもあります。

そして、その逆もある。

曼荼羅アートの面白さです(“⌒∇⌒”)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です